沿革

HISTORY
昭和42年 4月 中高一貫教育・呉中学校高等学校設立
男女共学,第 1 回生 25 名入学
武田 武彦先生,初代校長に就任
昭和46年12月 東広島市黒瀬町大多田に高校黒瀬校舎・寮舎建設
昭和48年 3月 呉高等学校第 1 回生卒業
昭和48年 4月 角田 勝先生,第 2 代校長に就任
昭和50年 3月 武田 正彦先生,第 4 代理事長に就任
昭和52年 3月 高等学校黒瀬校舎,鉄筋 4 階建 8 教室完成
昭和54年 9月 中学校呉新校舎,鉄筋 2 階建 8 教室,体育館落成
昭和54年11月 高等学校呉校舎,鉄筋 4 階建 8 教室増築
昭和62年 3月 高等学校黒瀬校舎,4 階建女子寮完成
昭和62年 4月 高橋 正明先生,第 3 代校長に就任
平成 2年 4月 校名を武田中学校・武田高等学校と改称
長ノ木校舎を黒瀬校舎に全面統合移転
平成 2年 9月 プラネタリウム棟・体育館棟完成
平成 6年 3月 6 号館(普通教室 8,職員室)完成
平成14年 4月 岸元 學先生,第 4 代校長に就任
平成17年 4月 武田 正彦先生,学園長に就任
武田 信寛先生,第 5 代理事長に就任
大岩 紀先生,第 5 代校長に就任
平成19年 4月 小田原 幹男先生,第 6 代校長に就任
平成24年 4月 島本 一宏先生,第 7 代校長に就任
平成27年 4月 竹村 豊子先生,第 8 代校長に就任
平成28年 2月 新寮舎完成
平成28年 6月 新テニスコート完成
平成29年 4月 創立50周年